増える選択肢

医者と看護師

日本人の死因ワースト一位はがんで、がんとどう向き合うかは重要な課題となっています。二人に一人ががんと診断される時代ですが、早期の発見と治療で治る確率が上がっています。定期的に検診を受けることで、光が見えて来るのではないでしょうか。がんの基本的な治療方法は、手術、抗がん剤、放射線になります。そんな中、格段に厳しいのが抗がん剤だと言われています。がんの種類によっては効かないケースもありますし、厳しい副作用に襲われてしまうこともあります。抗がん剤をやめたいと感じる患者も多いようですし、医師や看護師との意思の疎通が鍵になります。

副作用を緩和

抗がん剤をやめたいと感じても、せっかく効果が出ているのであれば、非常に勿体ないことです。近年は制吐剤の進歩も目覚ましいですし、事前に投与しておくことで吐き気を抑えることが出来ます。また、貧血に対しては輸血が効果的です。食欲不振に陥った際には、野菜ジュースやパンを少しずつ食べてみて下さい。脱毛にはウィッグがありますし、レンタルも可能になっています。抗がん剤イコール悪ではなく、大切なことは自分で決めることです。十分な情報を得て、前に進むようにして下さい。

広告募集中